高等学校

Sコース(京・阪・神大、医学部)

難易度では関西地区の国立大最上位に立つ京都大、大阪大、神戸大と、大学進学のなかでも、難度の高い医学部医学科合格に特化して、2020年度に発足した「スーパーⅢ類」を、類別改革に伴って呼称変更したコース。5教科(国社数理英)出題の大学入学共通テスト対策をカバーしながら、二次試験における特定教科の記述問題突破のため、深化・専門化した授業によって、「京阪神+医学部」受験に最適化。精選したカリキュラムで学習できるコースです。

Sコースの特長

国数英は特別講座で

国語・数学・英語の授業は、3年間の計画に基づいてSコース専用の特別講座で開講します。

授業のなかで入試問題に向き合う

1年生から、大学入試の二次試験を取り入れた演習授業をします。二次試験に重要な、教科をまたいだ視点で考え、論理的思考力と表現力を身につけます。

現役大学生のサポート

現役大学生(京大・阪大・神大、医学部に進学した本校卒業生)が受験計画作成のサポートや進学後の研究内容についてアドバイスします。

  • 週38時間のハイレベルな授業。
  • 2年生から S文系 S理系 の2コースに分かれた少人数講座を編成。
  • 経験豊富な教員が3年間継続指導。

経験豊富な教員が継続指導

京大・阪大・神大・医学部受験指導に精通した教員が、3年間継続して教科指導します。

進学後に活きる学びの研究

大学の研究内容に精通した教員が、進学指導をはじめ、大学研究室との連携によって最先端の研究(ホンモノ)に広く触れる研修プログラムを実施します。

国際的なコンテストにも挑戦

各教科での探究活動の取り組みのなかで、数学オリンピックなど国際的コンテストにも挑戦し、学びに向かう意欲を高めます。

カリキュラム

カリキュラム

光泉の先生方からのメッセージ

自分の興味や可能性を広げていこう

佐尾希先生/国語

本校の学習は「反復」と「思考」がポイント。授業の内容を何度も反復して学習できる「単元テスト」を行い、それを期末考査でも確認することで、基礎的な学力をより確かなものにしていきます。さらにこの反復は、放課後の「特別講習」でも繰り返します。本校の大学入試のための学習の大きな枠組みは、授業→基礎力→特別講習→入試問題に対する応用力という二段がまえの学習にあります。さらに、難関大学の入試問題に立ち向かっていくには、判断力や表現力を含めた「思考」を鍛えることも必要です。高度な問題と正面から向き合い、考えに考えて考え抜くことによって「どの引出しの、どの道具がその問題に必要なのか」が見えてくるようになります。そして「その道具で、どのように答えを組み立てていくのか」、また「それを、どう表現するのか」を、同じ目標を持った仲間や先生たちと一緒に考えていきます。そこで培われた力は、きっと大学入試だけでなく、これからの人生でも役に立つ「真の学力」となるに違いありません。こんな知的な「ドキドキ感」を、本校で味わってみませんか。

自然科学への探究心や表現力を養う

福嶋真一先生/理科

理科は、自然界の本質を探究して体系化し、それを応用していろいろな現象を解明する学問です。難関大学の理科の入試問題の題材は、身近な現象から見たこともないような現象など多岐にわたっていて、解答するには本質的・体系的な理解と、現象について考察するための、柔軟で深い思考力が必要です。このコースの授業では、自然科学の原理・原則を丁寧に身につけることはもちろん、早い段階から発展的な内容や入試問題にも触れることで、それらをとおして自然科学の本質を理解し、思考力を深める学習を行います。また、授業以外にも、研究施設の見学や、科学に関するコンテストへの参加などをとおして、自然科学への探究心や表現力を養い、将来最先端で活躍できる力を身につけます。

卒業生’s VOICE

グローバルに生きるための土台を身につける

大阪大学(外国語学部)入学

中井俊祐(草津中学出身)

大学には国の枠を超えて様々な国からの留学生が多くいます。留学生の様々な価値観や考え方は自分の視野の狭さを気づかせてくれ、日々刺激を受けています。私は留学を希望しており、広い視野を持ち、グローバルに活躍できるようになりたいと思っています。光泉では国際交流プログラムが充実しており、短期・長期に留学することができ、また光泉内でも交換留学生との交流ができるので、グローバルに生きるための土台を身につけることができます。この経験は大学で他言語を話す人とコミュニケーションを図るのに大いに生かされています。

心身にわたるサポートで、大きく成長できました

滋賀医科大学(医学部)入学

有馬聖純(瀬田北中学出身)

私が医学部をめざした動機はただひとつで、病気で苦しんでいる子どもたちを助けたいからです。それは自分自身が幼い頃から大きな病気で入退院を繰り返すなかで、医療の大切さに気づいた経験がもとにあります。光泉高校では担任の先生をはじめ多くの先生方に学習はもちろん、心身にわたるサポートをしていただき、大きく成長できたと思っています。

忙しい高校生活のなか、さまざまな理由で勉強時間が取れないときもありましたが、そのなかで効率的な勉強と全神経を学習に集中する姿勢が大切だと感じています。光泉高校では、それぞれの力を伸ばすような教育環境が整っていると思います。良き仲間と信頼できる教職員のいる光泉高校で志望校合格に努力し、実現することを祈念しています。