中学校

英語トップ講座について

オールイングリッシュで学び、発信する力を身につける

姉妹校(Detroit/USA)の生徒との交流のようす
中1:英会話の授業(2018.6.16)

 英語特別枠入試による入学後に始まる「英語トップ講座」は、英語を学習すると同時に、「英語で」自国の文化を伝え、「英語で」相手の文化を理解します。そのなかで、中学生としての豊かな教養を身につけ、社会・政治・文化等の領域において広い視野を身につけていきます。英語以外の国語(古典含む)や歴史、数学、理科などの学習は豊かな知識、表現力、思考力を高めるための基本になります。

 英語で伝え、英語で理解するには、語彙力と基本的な英文法の知識が必要ですが、知識や自分の考えをしっかり表現することが大切になります。「英語トップ講座」の授業では、英語で対話し、表現・発表するという、「発信」に重点をおいた学習をすすめていきます。そして、「聞く」「読む」「話す」「書く」という英語の4技能を身につけ、英検などの資格試験において高得点の獲得をねらいながら、同時に表現力や思考力の向上をめざしていきます。

英語トップ講座の目標

入学後の英検取得級(目標):中学1年で準2級取得、中学2年で2級取得、中学3年で2級取得後、準1級チャレンジ
  1. 将来の留学や、光泉高校“光泉World Level®”からの海外大学進学も視野に入れた質の高い英語力を育む。
  2. 英語4技能を徹底的に鍛え、中学2年生では英語を活用した国内フィールドワーク、中学3年生で探究学習の成果を英語でプレゼンテーションする。
  3. 英語検定などの資格取得に継続的にチャレンジし、将来的に海外大学や難関大学への進学につながる実力を養成する。

英語の授業の講座編成

 英語特別枠入試で合格すれば、入学後の英語は「英語トップ講座」の中で学びます。また、通常の入試で入学後も、英検の取得級などに応じて「英語トップ講座」の中で学ぶことができます。「英語トップ講座」では、ネイティブ英語教員と日本人英語教員との2名体制で、オールイングリッシュで授業を進めていきます。