高等学校

World Level(海外大)

高校卒業後は海外大学に進学し、国際社会で活躍できる人になる。

プログラムのねらい

“光泉World Level®”コースでは社会のグローバル化に対応できる英語力と、自国の文化を発信する豊かな視野を身につけ、卒業後すぐに海外大学への進学をめざします。

「光泉World Level®」は学校法人聖パウロ学園の登録商標です。

中期留学プログラム

1年生の夏にオーストラリア(シドニー)またはニュージーランド(ネルソン)の姉妹校へ約2カ月半、2年生の秋にアメリカ(デトロイト)の姉妹校へ約5週間の中期留学を行います。
現地校の生徒と同じ授業を受けて、英語しか話せない環境のなかで「英語で学ぶ」ことを実践し、高いレベルの英語コミュニケーション能力を身につけます。また、現地生徒との関わりのなかで海外の文化に触れ、国際感覚を磨きます。

  • オーストラリアの姉妹校 St Joseph's College, Hunters Hill
  • ニュージーランドの姉妹校 Nelson College for Girls
  • アメリカ合衆国の姉妹校 Detroit Country Day School

学びの内容

リベラルアーツを主眼として教科横断的に学習する独自科目をはじめ、文系・理系に対応した特色あるカリキュラムで、多くの科目において社会・文化・歴史・科学などを国際比較文化という視点で学びます。卒業後の進路を、海外大学への進学におき、TOEFL iBT® でより高いスコアの獲得をめざします。

  1. 「英語で学ぶ」授業
  2. 国際感覚を磨く授業
  3. TOEFLに対応した授業

TOEFL iBT® のスコア 80点以上をめざす
放課後のWorkshopでプレゼン資料を作成・発表

カリキュラム

カリキュラム

在校生’s VOICE

海外大学に進学するために

2年 前田彩月さん
(粟津中学出身)

私は World Level の All English による授業を受ける中で、 Listening, Speaking をはじめとした英語の4技能を幅広く伸ばすことができています。また、ニュージーランドの姉妹校への中期留学を通して、英語が伝わるうれしさや、伝わらないもどかしさを感じつつも、日本とは違う文化に触れて自分の視野を広げることができました。最高の仲間とこれからも切磋琢磨し合って、最終目標である海外大学への進学を目指して、日々努力を重ねていきます。

卒業生’s VOICE

他国の人と関わりながらも確立された「自分」を

林瑠璃果さん
(玉川中学出身)

アメリカ合衆国の11大学に合格
Eastern Michigan University に入学

高校では、 All English の授業や留学をとおして、英語でのプレゼン力やディスカッション力が身につきました。アメリカの大学は少人数でディスカッションをする授業形態が多いので、高校生のうちに人前で発表することに慣れたことは非常に大きな利益だと思います。また、 Essay を書くことで自分の考えを明確にまとめる能力も得ました。秋入学までのギャップターム中は、高校での学びを忘れないよう、興味のある文献やニュースを英語で「読み・聞き」最後にノートに「書く」ことを意識しています。大学入学後は、インターンシップ等の実践的な学びを通して、他国の人と関わりながらも確立された「自分」を持ったグローバル人材になれるよう努力していきます。