語学研修

アメリカ交換留学について

研修と研修先の概要

光泉高等学校では、平成22年からアメリカのシニアスクールと交換留学を実施しています。
本校からは、高校1・2年生の希望者から、毎日基礎的英語力や応募理由などのかんたんな審査で10名程度選抜し、13日間学校代表というかたちで交換派遣します。

この交換留学は、自動車産業で有名なアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市のハイクラスな私学「デトロイト・カントリー・デイ・スクール(DCDS)」と、光泉中学・高等学校が、姉妹校提携を結んだオリジナルのプログラムです。
本校教員引率で代表訪問するため、語学研修というより、訪問行事、見学、観光などの「交流」プログラムが主体であり、滞在方式も地元ホストファミリーとの交流を重視した、ホームステイ型です。

「交換留学」ですから、本校もDCDSからの生徒を受け入れます。 湖国滋賀県と五大湖を抱えるミシガン州は、昭和43年に姉妹協定を結んでいます。本校では、これを踏まえて姉妹校提携を決めました。
では、アメリカに派遣された本校生徒の、交換留学のようすをご覧ください!