語学研修

イギリス短期語学研修(下見編)

施設や教室の様子

正門から入り広大な敷地を走ると、やがて荘厳な建物が見えてきます。これが、カルフォード・スクールの本館です。とにかくすごい!

最初に通されるのが玄関の隣の部屋。豪華な内装にびっくり。

なんでも、18世紀ごろの地方貴族である領主の屋敷を、そのまま学校にしたそうで、打合せに通された部屋には、狩りをする領主の肖像画がかけられていました。

この建物は、毎日通るそうですが、直接授業に使うことは少ないとのこと。でも、「イブニングプログラム」の映画鑑賞などに、中の多目的ホールを利用することもあります。

まずは、クラスルームを見学。館を出て、庭のなかの何百メートルも離れた校舎に向かいます。

校舎は新しい建物。普段は、プレップ(年少)以下の教室に使われています。

クラスルーム。普通にきれいです。

食堂。広さは十分。ちょっと、トラディショナルなムードもあります。

グラウンド…というより、広大な庭の一部にサッカーゴールやラグビーのポストがそのまま据え付けられていて、境界がない!
なんと雄大でリッチなんでしょう!

少し離れたところに、体育館、プールなどを備えた建物があります。

卓球場は2階にあり、体育館のアリーナが見下ろせます。なかなか素敵な環境。

体育館のアリーナ。プールもあり、それは立派でしたが、利用者がいたため撮影は遠慮しました。