教育の特色

大学進路実績

光泉高等学校 2017年度入試 大学合格実績のべ合格者数

進路実績グラフ 難関国公立大学
進路実績グラフ 関関同立

国公立大学(62名)

大阪大学 1
外国語 2
神戸大学 2
海事科 1
1
滋賀大学 教育 4
データサイエンス 1
滋賀医科大学 医(看護) 2
滋賀県立大学 環境科 5
人間文化 2
人間看護 1
1
京都教育大学 教育 2
京都工芸繊維大学 工芸科 3
京都市立芸術大学 美術 1
京都府立大学 公共政策 3
生命環境 1
1
大阪教育大学 教育 1
大阪府立大学 工学域 3
生命環境科学域 1
東京工業大学 第4類 1
北海道大学 1
千葉大学 1
信州大学 繊維 1
富山大学 1
福井大学 1
教育地域科 1
三重大学 1
岐阜大学 応用生物科 1
高知大学 農林海洋科 1
理工 1
山口大学 共同獣医 1
鳥取大学 1
長崎大学 水産 1
釧路公立大学 経済 1
前橋工科大学 1
名古屋市立大学 1
岐阜薬科大学 1
福井県立大学 経済 1
海洋生物資源 1
生物資源 1
高知工科大学 システム工学群 1
三重県立看護大学 看護 1

私立大学(864名)

関関同立 185名

同志社大学 50
立命館大学 102
関西学院大学 4
関西大学 29

産近佛龍 373名

龍谷大学 135
京都産業大学 81
佛教大学 103
近畿大学 54

関東難関 7名

慶応義塾大学 1
早稲田大学 1
学習院大学 2
青山学院大学 2
法政大学 1

医歯薬獣医 32名

富山大学 医/医 1
大阪医科大学 医/医 1
岐阜大学 応用生物科/獣医 1
山口大学 共同獣医 1
大阪府立大学 生命環境科/獣医 1
北里大学 獣医 5
酪農学園大学 獣医 3
麻布大学 獣医 1
名古屋市立大学 1
岐阜薬科大学 1
京都薬科大学 1
立命館大学 1
同志社女子大学 1
神戸薬科大学 1
摂南大学 6
武庫川女子大学 3
大阪大谷大学 2
北陸大学 1

*医歯薬獣医はすべて再掲です。

看護 34名

滋賀医科大学 医/看護 2
滋賀県立大学 看護 1
三重県立看護大学 看護 1
佛教大学 看護 9
東京家政大学 看護 1
東京女子医科大学 看護 1
京都橘大学 看護 2
摂南大学 看護 7
京都看護大学 看護 2
藍野大学 看護 1
聖泉大学 看護 7

*看護はすべて再掲です。

その他の四年制大学 299名

大谷大学 48
摂南大学 26
長浜バイオ大学 21
京都橘大学 20
追手門学院大学 16
大阪電気通信大学 13
関西外国語大学 10
大阪工業大学 10
京都外国語大学 8
大阪産業大学 7
京都光華女子大学 7
聖泉大学 7
北里大学 5
京都華頂大学 5
花園大学 5
武庫川女子大学 5
名古屋学院大学 5
京都学園大学 4
京都女子大学 4
大阪学院大学 4
同志社女子大学 3
藍野大学 3
梅花大学 3
酪農学園大学 3
日本大学 2
びわこ成蹊スポーツ大学 2
京都看護大学 2
京都造形芸術大学 2
京都ノートルダム女子大学 2
京都文教大学 2
大阪大谷大学 2
大阪経済大学 2
大阪国際大学 2
大阪行岡医療大学 2
天理大学 2
大阪人間科学大学 2
亜細亜大学 2
北陸大学 2
名古屋経済大学 2
大阪医科大学 1
成安造形大学 1
びわこ学院大学 1
京都精華大学 1
京都薬科大学 1
大阪成蹊大学 1
大阪体育大学 1
四天王寺大学 1
大和大学 1
芦屋大学 1
神戸国際大学 1
神戸女子大学 1
神戸薬科大学 1
兵庫大学 1
麻布大学 1
東京女子医科大学 1
東洋大学 1
専修大学 1
帝京大学 1
日本体育大学 1
東京家政大学 1
東京経済大学 1
金沢工業大学 1
中京大学 1
鈴鹿医療科学大学 1
広島工業大学 1
九州共立大学 1

短期大学(7名)

専門学校(23名)

就職(4名)

2017年度卒業生の合格体験記

大阪大学 工学部 合格

馬場ひかるさん

(光泉中学校出身)

 私は、高3の模試の結果から、志望校を大阪大学に絞りました。第一志望は、さらに偏差値の高い学校でしたが、現役合格にこだわり志望校が定まりました。
 現役合格のために心がけたことの1つは、センター試験対策です。センター試験で確実に点を取ること、これで心に余裕が生まれ、一歩リードできます。私は、特に国語でしっかり点をとれるように、普段の授業から、しっかり国語と向き合いました。
 二次試験対策では、模試の復習に力を注ぎました。模試は結果も大事ですが、復習することの方が大事です。「模試は、自分の苦手やわからないところを見つける良い機会だと思え」という先生の言葉は、本当に的を得ていると思っています。
 私は、自分の努力もありますが、先生方のサポートのおかげで合格できたと思っています。疑問があれば質問したり、過去問添削、苦手分野の対策プリントを作ってもらったり、本当に大変お世話になりました。特に、英語と物理では、自分の苦手を客観的に見つけてもらえ、努力するポイントを見誤ることなく結果につながる勉強ができたと思っています。

滋賀医科大学 医学部(看護) 合格

眞鍋裕香さん

(大津市立堅田中学校出身)

 私は専願で光泉高校へ入学しました。入学後は、遅れず休まず学校に行く、授業や小テストを大切にして定期考査で良い点を取る、課題は早くから始めて期日までに提出する、疑問を残さないなど、当たり前のことから取り組んできました。テニス部も3年間続けましたが、毎回考査の2週間前には勉強を始め、一夜漬けではなく深く理解するようにしていました。この積み重ねと先生方のご指導のおかげで、何か特別なことをしたりしなくても、学校の勉強だけで確実に学力がついたと思います。
 私は、元々看護師を目指していましたが、高1の冬に観たある映画をきっかけに、助産師を目指すようになりました。調べてみると、4年間で助産師の資格を取れる大学や人数は少なく、滋賀医大では選抜された8人が資格を取れるということが分かり、志望校が定まりました。モチベーションを上げにくい時期もありましたが、「受かっても落ちても泣けるように」という、高3の夏頃に先輩から言われた言葉を思い出して、悔いのないよう努力し、希望する進路を実現できました。

同志社大学 政策学部 合格

磯貝拓煕君

(栗東市立葉山中学校出身)

 私は、第一志望の同志社大学政策学部に合格しました。同志社大学の受験を考えている人に「やっておいてよかったこと(備え)」を紹介したいと思います。
 1つめは、英語対策です。本格的な受験勉強を始めたとき、英語の偏差値はどの模試でも目標を超えませんでした。先生から「長文は最初にセンターや立命館で、秋から同志社や早稲田を毎日解いて復習、単語は毎日10分を目安に覚えてみよう」とアドバイスされ、そのとおりに取り組んでみました。努力の甲斐あって、英語は8割ほど取れるレベルまで力をつけることができました。
 2つめは、高を括らないことです。模試と違い難関大は入試ではかなりの知識量を要求されます。得意な科目・単元でも漢字のミスもあります。「そこは出ないだろう」「もう覚えたから大丈夫」と油断しないことが大切です。
 最後の備えは、高い目標設定です。私の第一志望は同志社でしたが、12月頃には早稲田合格を目標に勉強していました。自分の志望する大学よりも高いレベルを目標にして勉強することで、私は志望する大学の合格ラインに達することができたと思っています。

早稲田大学 基幹理工学部 合格

中藪柊成君

(大津市立瀬田北中学校出身)

 私は、指定校推薦入試で早稲田大学 基幹理工学部に合格しました。
 私は、高2のとき、数学に興味をもったことをきっかけに、「アクチュアリー(ビジネスにおける将来のリスクや不確実性の分析、評価等を専門とする専門職)」という仕事の存在を知り、将来の仕事にしたいと真剣に考えるようになりました。高2の2学期から、英数理の3教科の年間計画を立てて勉強に励みました。特に、英単語、英熟語については、高3の春休みまでに、それぞれ1800語、750語を完全習得できました。担任の先生からアクチュアリーを目指すなら指定校推薦のある早稲田大学基幹理工学部に進んでみてはどうかと勧めていただき、志望校が定まりました。それ以降、志望理由書の添削、面接練習など、試験対策に全力を注ぎ、合格通知を手にすることができました。
 私は、「勉強も遊びもやりたいと思ったらやる。自分のなかで優先順位を決めて、今一番初めにやるべきことは何かを常に意識すること」が大切だと実感しています。メリハリをつけて、やるべきときにやるべきことができるよう、自分を追い込むこと、しっかり自分と向き合うことが大切だと光泉での3年間で学んだと思っています。