学校概要

校長あいさつ

光泉中学・高等学校 校長 吉田 眞人

 平成29年に、創立30周年事業の一環として、人工芝の新グラウンドが創設されました。これまでの学園の歴史を振り返り、改めて教育環境が充実するなかで、在校生や卒業生、教職員の努力と地域の方々等の御協力・御支援で、質の高い進路実績など、さまざまな教育成果を築きあげてきたことを実感できました。これまで学園の発展のために御努力・御支援いただいた方々に、心から感謝申しあげます。

 本学園の建学理念は、新約聖書マタイ福音書にある「地の塩・世の光」にあります。この世の中で、なくてはならない人になってほしいという願いが込められています。同時に、すべての人が、かけがえのない人であることを表現しているものでもあります。

 本校では、かけがえのないすべての生徒に、「愛と正義と責任ある自由」を醸成し、教育目標である「カトリックの教えの基づく人格形成」「学力の伸長による進路の保障」「創造性豊かな国際人の育成」に取り組んでいます。

 教室で前向きに取組む真剣なまなざし。グラウンドや体育館で駆け回る元気溢れる部活動の姿。休み時間には楽しそうな友人と語り合う明るい笑顔。私たちは、そんな輝く子どもたちをさらに輝かせます。

 また、将来に不安を感じたり、勉強や部活動がうまくいかなかったり、友人と意見が合わなかったり…。そんな悩み苦しむ子どもたちに、私たちはともに悩み、語り合い、生き方を考え、導いていきます。

 何もない毎日のなかでも、一つひとつの出来事が、生徒たちを成長させていきます。毎日の日々を大切にし、教育を進めてまいりたいと考えています。

 これからの社会は、変化の激しい、先行き不透明な難しいものとなることは確かです。教育もそれに対応し、旧態依然としているのではなく、生徒たちに生き抜く力をつけるために、大切なものを見失うことなく、新たなチャレンジが必要であると考えています。

 今後とも、光泉中学・高等学校の一層の発展のために、教職員ともども、さらなる努力をしてまいります。ますますの本校教育活動への御理解、御協力を、よろしくお願い申しあげます。